真壁のひなまつり まち彩るひな飾り

茨城新聞
2017年2月5日

歴史的な町並みをひな飾りが彩る「真壁のひなまつり 和の風第十五章」(実行委員会主催)が4日、桜川市真壁地区で開幕した。県内外から大勢の観光客が訪れ、趣深い町は初日からにぎわった。3月3日まで。

同地区はかつて隆盛を誇った商家らが建てた蔵や門が多く残り、県内で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。まつりは2003年に始まり、今年は約170の店舗や住宅をひな人形が彩る。江戸時代から現代までの豪華絢爛(けんらん)なひな人形をはじめ、変わりびなも楽しめる。

1歳の娘を連れて訪れた牛久市の主婦、助川郁美さん(28)は「家には小さいひな飾りしかないので、大きいのが見られて良かった」と話していた。

期間中、茨城新聞社は臨時支局を設け、情報を発信し、読者と交流を図る。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

真壁のひなまつり支局 地元名産品、一堂に

約160m
茨城

人形浄瑠璃、息ぴったり 真壁白井座が公演 桜川

約160m
茨城

真壁のひなまつり支局 店に筆文字「看板」

約230m
茨城

真壁のひなまつり支局 真壁高生 仕込みの新酒 桜川・酒造会社で販売

約540m
茨城

真壁のひなまつり支局 コサージュ作りやジェルネイル体験

約1.8km
茨城

真壁のひなまつり支局 池に浮かぶひな人形

約5.9km