中学生が火矢で点火、黒羽でどんと祭 大田原

下野新聞
2017年1月16日
火矢を放つ黒羽中弓道部員

 【大田原】正月飾りなどを集め、中学生が火矢で点火したきあげる恒例の「どんと祭」が14日、黒羽向町の那珂川河川公園で行われた。

 黒羽商工会青年部・女性部の主催で毎年開催。近隣住民らが持ち寄った正月飾りやだるま、お守りなどは、河川敷に組まれたやぐらに並べられた。

 地元ゆかりの那須与一宗隆(なすのよいちむねたか)にならい、黒羽中弓道部生徒7人が火の付いた矢を放つと、見事やぐらの扇の的に命中。勢いよく燃え上がり、大きな炎の熱気が会場全体を包んだ。

地図 →

この付近の観光ニュース →