ガラスの酉愛らしく みなかみ

上毛新聞
2016年12月2日

来年のえとの酉(とり)の置物作りが、みなかみ町後閑の上越クリスタル硝子でピークを迎えている=写真。
真っ赤に燃える炉から取り出したガラスの塊を職人が手作業で巧みに加工し、愛らしいトリに仕上げている。
同社のえとシリーズは40年目。今年は 置物やレリーフなど4種類を用意した。担当者は「若い職人の感性が生かされた 作品になった。新年は、ニワトリのように大きな声で幸せを呼んでもらいたいとの思いを込めた」と話している。1月末まで計約8千個を作る。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

オオクワガタ ギフト商品化 菌床活用の飼育キット 月夜野きのこ園

約1.2km
群馬

みなかみエコパークに 利根水源の環境評価 ユネスコ登録 

約1.3km
群馬

谷川岳の自然再現 JR上毛高原駅7月に休憩所

約1.7km
群馬

園児がプラム狩り 沼田

約6.3km
群馬

モリアオガエル木々に“白い泡” みなかみ

約6.6km
群馬

《上州真田》真田家から“挑戦状” きょうから沼田公園でクイズ

約6.7km