《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(19)足尾駅》建築当初の規模 維持

上毛新聞
2016年11月24日
%e3%82%8f%e9%89%8419-%e8%b6%b3%e5%b0%be%e9%a7%85

わたらせ渓谷鉄道足尾駅は、1912(大正元)年に造られた。当時、近くに鉱業所事務所など足尾銅山の経営拠点があり、今も迎賓館(現古河掛水倶楽部(くらぶ))、重役宅が残されている。
駅舎は38(昭和13)年に改築されたが、建築当初の規模を維持している。待合室部分の屋根は半入り母屋造りで、事務室はそれより一段高い切り妻造りとなっている。
旧足尾鉄道の歴史をまとめた写真集「足尾鉄道の一世紀」は、開業から1カ月の様子を当時の足尾駅長が記した資料を紹介している。
それによると、住民は鉄道が珍しいあまり「開業より3日間前後はただただ往復する客多く、ことに小児の乗車多数」という状況。一時的な乗車ブームの後は「当駅以北の地方に至る旅客と鉱業所に来る旅客のみ」だったという。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(18)通洞駅》斬新さ際立つ洋風駅舎

約1km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(13)出川橋梁》高さ20メートルの貨物線

約1.6km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(7)腕木式信号機》廃線後 ツアーで人気

約1.6km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(2)第1松木川橋梁》英国製の独特な橋脚

約1.6km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(20)旧スイッチバック遺構》急勾配の運行物語る

約1.6km
栃木
群馬

土木遺産の路線 わ鉄を巡る(12)第2渡良瀬川橋梁》日米の技術伝える

約3.3km