聖夜へ準備着々 ポインセチア出荷ピーク 鹿沼

下野新聞
2016年11月22日

 クリスマスシーズンの到来を前に、鹿沼市塩山町の「谷田部園芸」でポインセチアの出荷作業が最盛期を迎えている。

 同園では4棟のビニールハウスで23品種を栽培。丸みを帯びた赤い葉が人気の「プリメーロレッド」のほか、ピンクや黄色など色とりどりのポインセチアがずらりと並んでいる。

 21日は従業員ら約10人が鉢花の袋詰めやトラックへの荷積み作業などに精を出していた。栽培責任者の谷田部篤(やたべあつし)さん(35)は「ことしは茎が丈夫に育ち上々の出来です」と話している。

 出荷作業は12月上旬まで続き、約1万2千鉢を東北から九州に出荷するという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

大輪の花2年ぶりに 11万人を魅了 鹿沼

約6.5km
栃木

鹿沼、日光でそば巡りを  ガイドマップ、134店掲載

約6.7km
栃木

サクランボ日に日に甘く 鹿沼の果樹園 収穫スタート

約7.2km
栃木

モノクロームの川上澄生 鹿沼で企画展

約7.4km
栃木

ニッコウキスゲ雨に輝く 宇都宮・遺跡の広場

約8.2km
栃木

県子ども科学館 15日から企画展「音で旅する夏休み」 音の仕組み、癒やし体験も

約8.2km