慶讃法要前に「供華の儀」 開山1250年の輪王寺

下野新聞
2016年11月21日
cnts2016112002048_image2

 【日光】開山1250年の節目を仏教的に記念する大法要「慶讃(けいさん)法要」を前に、日光山輪王寺の本堂「三仏堂」で20日、江戸時代から続く華道家元・創美流による生け花奉納「供華(くげ)の儀」が行われた。

 本堂では21日午前11時からの大法要に向け、3体の本尊前にある行事壇に開山の祖勝道上人(しょうどうしょうにん)の座像が安置された。供華の儀は創美流家元15世渡辺華靖(わたなべかせい)さん(54)が執り行い、座像の隣など壇上に色とりどりのキクを生けた。

 創美流は古くから輪王寺の法要で華道を披露しており、この日は200年以上前からの伝統的な形式の生け花で彩った。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

開山1250年の節目祝う 日光山輪王寺で「慶讃法要」

約110m
栃木

日光山輪王寺・逍遥園がライトアップ

約130m
栃木

日没後も拝観可、闇に浮かぶ大猷院 日光山輪王寺が試験実施

約130m
栃木

世界遺産を光で演出 「ライトアップ日光」

約150m
栃木

おかえり「眠り猫」 日光東照宮、修理終え取り付け

約280m
栃木

世界遺産周辺、紅葉彩る 日光の「華蔵院の坂」

約330m