思い思いに石加工体験 笠間でフェス、製品展示も

茨城新聞
2016年11月4日

県石材業協同組合連合会主催の「いばらきストーンフェスティバル」が3日、笠間市笠間の笠間芸術の森公園イベント広場で開幕した。県産の御影石製品の展示販売、石材の加工体験などが行われ、来場者でにぎわっている。6日まで。

同市稲田地区、桜川市、石岡市を中心に産出される御影石に親しんでもらおうと始まった行事で、今年で19回目を迎えた。

石材店など63のブースが設けられ、墓石や灯籠をはじめ、テーブルと椅子のセット、時計などの小物といった多様な石製品が並ぶ。石材をのみで削り、思い思いの形を作る加工体験、灯籠製作の実演、石窯で焼いたピザの販売などもあり、さまざまな角度から石の魅力を楽しめる。

加工体験に参加した市立笠間小4年、岡野大雅(たいが)君(9)は「のみをたたくと手がしびれたが、石を削るのは初めてで楽しかった」と笑顔で話した。

地図

地図を開く 近くのニュース