紫の花 一面に あしかがフラワーパーク

上毛新聞
2016年10月22日

観賞用ハーブの一種、アメジストセージが栃木県足利市迫間町の「あしかがフラワーパーク」で見頃を迎え、訪れた人たちが一面に広がる紫の花を楽しんでいる=写真。
アメジストセージは南米原産で、見頃は11月中旬まで続く見込み。園内では秋バラ、熱帯性スイレン、ローズリーフセージなども咲いている。22日からは350万球のイルミネーションが園内の夜を彩る。問い合わせは同パーク(☎0284・91・4939)へ。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

フジの花、盛りの春彩る  足利 フラワーパーク見頃間近

約230m
栃木

25、26日さのまるの日イベント 全国33キャラとグルメ勢ぞろい

約5.5km
栃木

さのまる切手、第4弾の図案は唐沢山城跡、いもフライなど 佐野

約5.5km
栃木

刀剣ファン“乱舞” 足利市美術館で「山姥切国広」展

約7km
栃木

足利「論語かるた」リニューアル販売、コスト削減で価格半額に パッケージに「たかうじ君」起用

約7.3km
群馬

マンサク見頃 邑楽

約7.3km