二荒山大神に新酒豊穣を祈る 栃木県内酒造業者が参列 日光

下野新聞
2016年10月13日
cnts2016101200807_image2

 【日光】醸造の繁栄や作業の安全を祈願する日光二荒山神社の「祈醸祭」が12日、山内の同神社で行われ、県内の酒造業者15人が参列して神に祈った。

 同神社が祭る二荒山大神は醸造の神として知られる。新酒の仕込みを前にしたこの時季に神事を行っており、日本酒やみそ、しょうゆなど醸造物の良質な出来を祈願している。

 法被を着た参列者たちは拝殿での神事に臨んだ後、境内の二荒霊泉に移動。別宮の滝尾神社から湧き出る霊水「酒の泉」を吉田健彦(よしだたけひこ)宮司から種水として分けてもらった。小瓶に注がれた種水は神棚に供えられる。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

日光東照宮で千人武者行列 雨上がりの表参道に時代絵巻

約190m
栃木

流鏑馬の妙技、色づく日光に歓声響く 東照宮で秋季大祭開幕

約190m
栃木

40年ぶり陽明門の壁画、再び眠りに 羽目板の取り付け終了 日光

約200m
栃木

おかえり「眠り猫」 日光東照宮、修理終え取り付け

約330m
栃木

慶讃法要前に「供華の儀」 開山1250年の輪王寺

約560m
栃木

日没後も拝観可、闇に浮かぶ大猷院 日光山輪王寺が試験実施

約570m