SLヘッドマーク秋仕様に衣替え JR高崎支社

上毛新聞
2016年10月13日
ip161007jom000201000_00

JR東日本高崎支社は8日、蒸気機関車(SL)のヘッドマークを「ぐんまの紅葉」をテーマにしたデザインに切り替えた。
上越線は紅葉に映える谷川岳一ノ倉沢がモチーフ=写真(上)=で、信越本線は旧丸山変電所と秋風に揺れるコスモスを配した=写真(下)。けん引する客車の種類などによって縁などの色を変えて取り付ける。
高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「マニアッカーズデザイン」(佐藤正幸代表)が制作した。