花で世界観 技競う

上毛新聞
2016年10月8日

フラワーデザインの技術を競う「群馬グランプリ」(県花き振興地域協議会主催)の決勝が6日、県庁県民ホールで開かれた。予選を通過した県内の8人が、観客を前に花束やフラワーアレンジメントを手際よく作った=写真。
造形作家ら5人が審査し、桐生市で生花店を経営する近藤創さん(58)が優勝した。近藤さんら上位3人は、県代表として全国大会に出場する。
グランプリは生花店の技術向上を目的に毎年開かれ、25回目。

地図 →

この付近の観光ニュース →