5種のキノコ ピクルス販売 常陸大宮の道の駅

茨城新聞
2016年10月4日

漬物やドレッシングを製造販売する常陸大宮市八田の「食乃匠・遊膳」は、県内でも珍しいキノコだけのピクルスを製造、同市岩崎の道の駅常陸大宮・かわプラザでの限定販売を開始した。

ピクルスはシイタケやマイタケ、シメジ、エリンギ、エノキの5種類450グラムが、ガラスの密閉保存瓶に入っている。ハーブの香り豊かに、キノコのさまざまな歯応えが楽しめ、低カロリーのヘルシー商品で、価格は1500円(税込み)。

ワインや焼酎などに合い、パスタやグラタンなどにも利用できる。岡崎正行オーナーは「消費者次第でいろいろな使い方ができる」と話す。今後、地元産のエゴマを使ったドレッシング製造も計画。「道の駅に多くの観光客が訪れるように、限定販売の新商品を考えたい」と意欲を見せる。

地図

地図を開く 近くのニュース