酒米たわわ稲刈り特産品化目指す 高萩

茨城新聞
2016年9月27日
160926takahagi

高萩市が新しい特産品として取り組む日本酒に使用する酒米の稲刈りが26日、同市秋山の水田で行われた。このところの長雨で刈り取り時期が10日ほど遅れたものの、作柄は上々で、来年1月に市産米の純米吟醸酒「高萩真心一魂」の初めての販売を目指す。

稲刈り作業は同市秋山の農家、下山田誠司さん(66)の水田で行われ、黄金色の稲穂が次々と刈り取られた。下山田さんは「たわわに実っている。作柄も良く収量も上がるのでは」と笑顔を見せる。

昨年は酒米「美山錦」を試行的に作付け。市内の飲食店で無料の試飲を実施。今年は10アール増の50アールで、4合瓶(720ミリリットル)で昨年より500本増の2500本の醸造を目指す。今後は1月下旬の販売開始に向け、製造や販売体制を確立していく。市農林課の槙原智子課長は「真心一魂が自慢できる特産品となり、転作やまちの活性化につながれば」と期待する。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

長久保赤水資料など3件 県指定文化財に追加

約2.2km
茨城

高萩市 真心と魂の酒 販売へ 2月から 地元産米で特産品に

約3.2km
茨城

地元産米の吟醸酒「高萩真心一魂」を発売

約3.2km
茨城

「来年も家庭円満で」 縁起物求めにぎわう 北茨城で恒例“暮れ市”

約12km
茨城

煙害と闘う、「日立大煙突」物語を映画に 松村監督、茨城県舞台に意欲

約13km
茨城

4月に郷土芸能公演 日立武道館創建100年

約15km