銘仙の原点30点紹介 伊勢崎

上毛新聞
2016年9月4日

ㅤ伊勢崎市曲輪町のいせさき明治館で3日から、伊勢崎銘仙の原点となった着物を集めた「太織(ふとり)&大絣(おおがすり)展」が開かれる。江戸時代から戦後までの約30点を紹介する。10月2日まで。
ㅤ太織は草木染の絹織物で、黒や灰、茶、紺と地味な色合いとシンプルな柄が特徴。丈夫で温かく、江戸時代には「渋いデザインがおしゃれ」と評判だったという。太織に続き作られた大絣は、赤や緑といった明るい色や大きな柄で華やかな印象を与える。
ㅤ月・火曜休館(9月19日は開館)。入場無料。問い合わせは同館(☎0270・40・6885)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース