戦国の食生活知って 金山城跡発掘調査展 かわらけや鍋展示 太田

上毛新聞
2016年8月30日
IP160824JOM000005000_00

太田市教育委員会は11日まで、市史跡金山城跡ガイダンス施設で、金山城跡発掘調査展「金山城と支城のくらし~かわらけ・なべ~」を開いている。戦国時代前後の食生活に焦点を当て、調理や盛り付けなどに使われたかわらけや鍋などの出土品をメインに展示している。
当時あったとみられるいろりを模型で再現していることも見どころ=写真。素焼きのかわらけよりも高温で焼いた浅めの土製鍋、焙烙(ほうろく)が自在かぎにつるされている。
1565年に長楽寺(同市世良田町)の僧が書いた『永禄日記』(複製)も展示。当時食べていた物の記述も多くあり、興味を引いている。
入館無料。午前9時~午後5時。月曜休館(休日の場合は翌日)。問い合わせは同市教委文化財課(☎0276・20・7090、平日のみ)。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

漫画家・井田ヒロトさんデザイン 妙印尼輝子 キャラに 太田

約500m
群馬

太田市美術館・図書館完成 まちづくり拠点へ期待

約2.5km
群馬

焼きそばの街PR B―1グランプリ 太田

約2.9km
群馬

光の公園 色鮮やか 太田

約3.8km
栃木

スタンプラリーで足利の天然記念物巡ろう 19、20日に文化財一斉公開デー

約7.8km
栃木

足利市、観光客25年ぶり400万人超 フラワーパークが寄与

約7.9km