短編8作品上映 9、10日にきりゅう映画祭 桐生

上毛新聞
2016年8月28日

第6回きりゅう映画祭(桐生青年会議所など主催)が9月9、10の両日、桐生市市民文化会館で開かれる。全国公募した短編映画83作品の中から主催者が選出した8作品を上映し、観客の投票を交えて賞を決める。桐生、みどり両市内で撮影した「きりゅうシネマ」2作品も初公開する。
9日午後6時半に開幕し8作品の上映や関係者のトークショーを行う。各作品は5~20分間。来場者は好きな作品に投票できる。
10日は午後1時半から4時半ごろまで。映画監督の井口奈己(なみ)さんら審査委員3人が選出した「グランプリ」や人気投票で決まった観客賞を表彰し、グランプリを上映する。
きりゅうシネマは、桐生、みどり両市の魅力を発信するため、主催者が監督とシナリオを全国公募して作った映画。今年は、桐生に引っ越してきた少年による竜探しを描く「エクラド あの空の向こうに」、熟練織物職人がローカルアイドルを好きになり衣装を作るため奮闘する「墜(お)ちる」の2作品。上映は午後3時20分ごろから。
前売り券は各日500円、両日共通800円。当日券は各日800円。
映画祭に先立って、過去の作品の無料上映も行う。時間と場所は次の通り。
▽2日午後6時半 ながめ余興場▽3日午後2時 桐生倶楽部▽8日午後6時半 桐生市市民文化会館

地図

地図を開く 近くのニュース