糖度高く、色づきも良 常陸太田のブドウをPR

茨城新聞
2016年8月23日

 常陸太田市産のブドウが旬を迎え、大久保太一市長やJA常陸の生産者が22日、県庁に橋本昌知事を訪ね、秋の味覚をPRした。
 県内有数のブドウ産地である同市では、「巨峰」や欧州系「シャインマスカット」など多品種を生産。酸味が少なく、爽やかな甘さの同市オリジナル品種「常陸青龍」の栽培にも力を入れる。市内の観光ブドウ園では、10月までブドウ狩りが楽しめる。
 同JA常陸太田ぶどう部会の武藤照昭部会長は「今年は雨が少なかったため、例年より糖度が高く、色づきも良い」とアピール。試食した橋本知事も「とても甘くておいしい」と高評価。

地図

地図を開く 近くのニュース