水戸の観光PRしよう 18歳以上、梅大使を募集

茨城新聞
2016年8月22日

水戸観光協会は来年の「水戸の梅大使」を募集している。水戸の梅まつりなどのイベント参加に加え、テレビやラジオ出演、県内外でのキャンペーンを通して水戸市の観光PR活動を担う。

定員は10人。高校生を除く18歳以上(10月9日現在)で、同協会が指定した日に活動可能な人が対象。他のコンテストで入賞し、活動中の場合は応募できない。梅大使に選ばれると、12月12~16日に接客や観光施設に関する研修を行い、来年1~3月に50日間、同4~12月に20日間ほど活動する予定。

応募締め切りは9月12日で、当日必着。審査会は10月9日。同協会ホームページからダウンロードできる応募用紙に上半身と全身の写真を各1枚添付し、水戸市三の丸の県三の丸庁舎1階の同協会に持参か郵送する。問い合わせは同協会(電)029(224)0441

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

「水戸の梅大使」 観光PR役10人決まる

すぐ近く
茨城

水戸黄門マラソン前夜祭 元五輪ランナーが攻略法

すぐ近く
茨城

観光やイベントに焦点 学生目線の茨城魅力向上

すぐ近く
茨城

水戸快走1万3400人 初の黄門マラソン

すぐ近く
茨城

黄門マラソンにサイクルポリス 機動力生かし警備

約220m
茨城

「弘道館記」虫干し 水戸で曝書公開

約240m