油売り口上披露、参拝客聞き入る つくばの覚王寺

茨城新聞
2016年8月21日

つくば市花室の覚王寺(英賢孝住職)で、年に1度薬師如来座像を御開帳する「薬師万灯」が開かれ、地域住民などが訪れ手を合わせた。

薬師万灯は同寺の盆前の恒例行事で、石段から薬師堂まで並べられたろうそくに火がともされ、幻想的な雰囲気の中で参拝客は健康を祈願した。

「お寺は皆さんに開放して楽しんでもらう場所」という英住職の思いから、今回「筑波山がまの油売り口上研究会」の三浦昭男さんと山口陽弘さんが招かれた。2人は口上を披露し、多くの参拝客が伝統芸能の名調子に聞き入った。

英住職は「地域のコミュニケーションの場となるよう、今後も皆さんに楽しんでもらえる行事を続けていきたい」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース