水面に揺れる、願いの炎 渡良瀬川で「灯ろう流し」、足利

下野新聞
2016年8月18日

 約2千の灯籠を川に流して先祖や故人の霊を送る「灯ろう流し」が17日夜、足利市永楽町の渡良瀬川河川敷で行われた。

 市内の17寺院でつくる「足利仏教和合会」が主催し、毎年同日に実施。1950年から始まったとされ、夏の風物詩となっている。

 午後5時半、中橋と田中橋の間の川岸に設けられた祭壇で僧侶の読経が始まり、浴衣姿の家族連れなどが続々と集まった。来場者はさまざまな願いを込めて、ゆっくりと灯籠を手放した。六角形の灯籠の淡い炎が水面に揺れ、夕暮れの川を幻想的に照らした。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木
群馬

栃木で“上州の味” 登利平が足利に初進出

約3km
栃木

幻想 足利で大フジ見頃

約6.9km
栃木
群馬

紫のカーテン満開 あしかがフラワーパーク

約6.9km
群馬

100人がかりの泥絵 26日から開館記念展 太田市美術館・図書館

約8.4km
群馬

新緑に映えるアヤメ 県立多々良沼公園

約11km
群馬

若武者姿 鎌倉へ矢 生品神社 太田

約14km