水面に揺れる、願いの炎 渡良瀬川で「灯ろう流し」、足利

下野新聞
2016年8月18日
CNTS2016081704429_BaseImage_R

 約2千の灯籠を川に流して先祖や故人の霊を送る「灯ろう流し」が17日夜、足利市永楽町の渡良瀬川河川敷で行われた。

 市内の17寺院でつくる「足利仏教和合会」が主催し、毎年同日に実施。1950年から始まったとされ、夏の風物詩となっている。

 午後5時半、中橋と田中橋の間の川岸に設けられた祭壇で僧侶の読経が始まり、浴衣姿の家族連れなどが続々と集まった。来場者はさまざまな願いを込めて、ゆっくりと灯籠を手放した。六角形の灯籠の淡い炎が水面に揺れ、夕暮れの川を幻想的に照らした。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

青空の下 グルメやステージ、足利の魅力再発見 初のマルシェに1500人

約300m
栃木

足利の古民家、アートで彩りを 30日からイベント「CON展」

約730m
栃木

孔子をたたえる伝統行事 足利学校で釋奠

約780m
栃木

スタンプラリーで足利の天然記念物巡ろう 19、20日に文化財一斉公開デー

約990m
栃木

歴史遺産舞台にケーナや神楽 足利・樺崎寺跡でコンサート

約5.8km
栃木

新ワインで乾杯、出来たて求め5000人 足利のココ・ファームで収穫祭

約6.3km