水面に揺れる、願いの炎 渡良瀬川で「灯ろう流し」、足利

下野新聞
2016年8月18日

 約2千の灯籠を川に流して先祖や故人の霊を送る「灯ろう流し」が17日夜、足利市永楽町の渡良瀬川河川敷で行われた。

 市内の17寺院でつくる「足利仏教和合会」が主催し、毎年同日に実施。1950年から始まったとされ、夏の風物詩となっている。

 午後5時半、中橋と田中橋の間の川岸に設けられた祭壇で僧侶の読経が始まり、浴衣姿の家族連れなどが続々と集まった。来場者はさまざまな願いを込めて、ゆっくりと灯籠を手放した。六角形の灯籠の淡い炎が水面に揺れ、夕暮れの川を幻想的に照らした。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

刀剣ファン“乱舞” 足利市美術館で「山姥切国広」展

約540m
栃木

レトロモダンあんどん、足利学校を小粋に照らす 2月土日に「足利銘仙灯り」

約780m
栃木

足利「論語かるた」リニューアル販売、コスト削減で価格半額に パッケージに「たかうじ君」起用

約790m
栃木

足利ご当地アイドル「渡良瀬橋43」  県未来大使に

約1.3km
栃木

足利市、新たなマンホールカード配布 足利学校など掲載

約1.3km
栃木

足利・織姫神社「日本百名月」に 社団法人が認定、栃木県内で3カ所目

約1.4km