水面に揺れる、願いの炎 渡良瀬川で「灯ろう流し」、足利

下野新聞
2016年8月18日
CNTS2016081704429_BaseImage_R

 約2千の灯籠を川に流して先祖や故人の霊を送る「灯ろう流し」が17日夜、足利市永楽町の渡良瀬川河川敷で行われた。

 市内の17寺院でつくる「足利仏教和合会」が主催し、毎年同日に実施。1950年から始まったとされ、夏の風物詩となっている。

 午後5時半、中橋と田中橋の間の川岸に設けられた祭壇で僧侶の読経が始まり、浴衣姿の家族連れなどが続々と集まった。来場者はさまざまな願いを込めて、ゆっくりと灯籠を手放した。六角形の灯籠の淡い炎が水面に揺れ、夕暮れの川を幻想的に照らした。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

鎧年越 甲冑4領を新調 あす披露、一般貸し出しも

約560m
栃木

レトロモダンあんどん、足利学校を小粋に照らす 2月土日に「足利銘仙灯り」

約780m
栃木

足利学校 1年ぶりライトアップ 夜景観光にも一役

約780m
栃木

足利学校の寒紅梅開花 2月中旬まで見頃

約780m
栃木

足利市、観光客25年ぶり400万人超 フラワーパークが寄与

約1.3km
栃木

あすから足利冬物語 伝統行事や食、音楽 多彩な催し 26日まで

約1.3km