アオバズク、今年も八幡宮で子育て 地域の団体「マナー良く見守って」 佐野

下野新聞
2016年8月3日

 【佐野】上羽田町の上羽田八幡宮(はちまんぐう)で、今年もアオバズクの親子6羽が住み着き、地域住民が成長を温かく見守っている。休日になると、多くの写真愛好家などが望遠レンズを手に撮影に訪れている。

 地域のボランティア団体「ふくろう隊」の横塚和夫(よこづかかずお)隊長(71)=上羽田町=によると、アオバズクは夏前、東南アジアから日本へ飛来して主に里山に巣を作る。住宅地の同所に毎年やってくることは珍しいという。

 横塚隊長は「カメラマンもよく見掛けるので、マナーを守り続けてほしい」と話している。

地図

地図を開く 近くのニュース