阿字ケ浦小児童 海開き控え清掃 ひたちなかの海岸

茨城新聞
2016年7月8日

ひたちなか市の阿字ケ浦海水浴場が16日に海開きするのを前に、市立阿字ケ浦小学校(川越信行校長、児童数91人)の児童が7日、地元の阿字ケ浦海岸を清掃した。

地域貢献などを目的に続く同校の恒例行事で、2年生と5年生の計33人が参加。海岸や駐車場に捨てられた吸い殻や空き缶などを拾い、燃えるごみと燃えないごみに分別しながら、約1時間清掃した。

5年生の矢野志穂さん(11)は「思った以上にごみが多くて驚いた。お客さんにはきれいに海岸を使ってほしい」と感想を話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →