サメ対策で防護網 ひたちなか・大洗海水浴場4カ所、茨城県が費用助成

茨城新聞
2016年7月6日

海水浴場のサメ対策として、茨城県は5日、ひたちなか市と大洗町の海水浴場4カ所で防護網が設置されると発表した。県は防護網を設置する市町や観光協会に対し、防護網の購入費や設置費用の2分の1を助成する。海水浴客の安全を守り、観光誘客に影響が及ばないようにするのが狙い。県観光物産課は「16日の海水浴場開設前に防護網の設置を完了させたい」としている。

橋本昌知事が5日の定例会見で明らかにした。橋本知事は「昨年はサメが出たために後半、急激に観光客が減ってしまった。今年は何とか少しでもそれに対応する対策をして、安心して泳いでもらえるようにしたい」と述べた。

防護網が設置されるのは、ひたちなか市の阿字ケ浦海水浴場と平磯海水浴場、大洗町の大洗サンビーチと大洗海水浴場の計4カ所。防護網は海岸の形状や規模に応じて、幅が120メートル~2160メートル、深さはひたちなか市の2海水浴場が10メートル、大洗町は6・8メートル。

昨年8月に鉾田市の沖合でサメが確認されて以降、5市町の海水浴場で遊泳禁止が相次ぎ、ひたちなか市以南の10海水浴場の誘客に影響が出たことから、県が関係市町と防護網設置について協議を進めてきた。

同課によると、10海水浴場で防護網の設置を検討してきたが、高波に流されたり、海岸の形状が設置に不向きだったりするなどの理由で、設置箇所は4カ所になった。県は600万円の予算を組んで対応する。

このほかの海水浴場は、ライフセーバー増員や水上バイクの更新、漁船を活用した巡視などで、海水浴客の安全確保に努める。

地図

地図を開く 近くのニュース