避暑地日光、新たな幕開け 英国大使館別荘記念公園が開園

下野新聞
2016年7月1日

 明治時代に英国外交官アーネスト・サトウの別荘として建てられ、県が改修した「英国大使館別荘記念公園」の開園式典が30日、奥日光・中禅寺湖畔の同所で開かれた。この日はサトウの誕生日に当たり、出席した関係者約50人が二重に祝った。1日から一般公開される。

 この日の午前中、奥日光は晴天に恵まれ汗ばむ陽気の中、福田富一(ふくだとみかず)知事やティモシー・マーク・ヒッチンズ駐日英国大使夫妻、地元関係者ら約50人が出席して式典が行われた。

 福田知事は「サトウゆかりのこの日に開園でき光栄。避暑地としての日光をより一層、感じてもらえれば」とあいさつ。ヒッチンズ大使は「約120年の時を経て、皆さんのおかげで新たな幕開けを迎えられた。日本と英国の長い歴史と友好の証しが残ることを喜ばしく思う」と感謝した。

英国大使館別荘記念公園|観光スポット|日光旅ナビ

地図

地図を開く 近くのニュース