下久保ダム ゲート全開 26日にイベント 水不足で放流は断念

上毛新聞
2016年6月25日

ㅤ藤岡市と埼玉県にまたがる下久保ダムの管理所は26日、ダムの計四つの放流ゲートを全開にする設備点検を兼ねたイベントを開く。昨年は4門放流を行ったが、今年は水不足による貯水量低下のため断念、代わりに全開のゲート越しに見える風景を楽しむイベントに切り替えた。会場には臨時売店が並び、ダム内部のトレッキングなども楽しめる。

ㅤ昨年の4門放流には2千人以上が訪れ、地域活性化に貢献した。今年も放流を検討していたが、貯水率が例年の6割程度のため発想を転換、新たなイベントに取り組むことにした。
点検は午前10時から午後2時まで行われ、4門全開の状態は午前11時半から午後0時半までを計画している。
ㅤ会場では藤岡市と埼玉県神川町でつくる「神流川流域きらり☆にぎわい観光会議」が売店を設け、郷土料理のとっちゃなげ汁や土産品を販売する。
ㅤダム内部に入れるエレベーターが開放されるほか、漫画雑誌でダムをテーマにした連載をする井上よしひささんによるサイン会も行われる。
ㅤ同管理所は「ダムの低い水位を見てもらい、節水の意識を高めてもらえると、ありがたい」としている。
ㅤ当日は三波石峡駐車場などに駐車し、ダムには徒歩で移動する。問い合わせは同管理所(電話0274・52・2746)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース