ハス見頃、池の朝彩る 栃木「つがの里」

下野新聞
2016年6月21日

 栃木市都賀町臼久保の「つがの里」で、ハスの花が見頃を迎えている。

 園内のハス池には約1千株3千本のハスがあり、例年6月中旬から7月にかけて次々に花を開く。今年は例年並みの今月13日ごろに開花した。その後の成長は遅れているものの、現在五分咲きになっている。

 梅雨の晴れ間が見られた20日は、早朝からアマチュアカメラマンや地元の人たちが訪れ、淡いピンクのかれんな花を楽しんでいた。毎朝散歩に訪れるという同市都賀町木、無職安達与衛門(あだちよえもん)さん(69)は「昨年は見られなかったが、今年はおしべが黄色くなっているのが見られきれいだ」と話していた。

 ピークは今週末から月内で、見頃は7月上旬まで。7月3日まで「つがの里ハスまつり」が開かれ、最終日にはイベントが開かれる。

つがの里|観光情報検索 | とちぎ旅ネット

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →