《上州真田》“真田秘話”花咲かす 大河出演女優らトーク 沼田

上毛新聞
2016年6月15日

「真田女子会in沼田」(利根沼田真田丸プロジェクト推進協議会主催)が12日、沼田市内のホテルで開かれた。NHK大河ドラマ「真田丸」の出演女優ら4人が、撮影秘話や登場人物のイメージなどについて会話に花を咲かせた。

真田信之(信幸)の最初の妻、こうを演じる長野里美さん、見事な芸で魅了する吉野太夫役の中島亜梨沙さんの出演者2人と、歴史アイドルの小栗さくらさんが登場。NHK前橋放送局キャスターの野口沙織さんが進行役を務めた。
カードをめくって出たテーマに沿って会話を繰り広げた。「真田丸のベストカップルは」「登場人物で一番生命力が強いのは」などのお題にそれぞれが回答した。信之になりきってこうにプロポーズをしたり、刀で斬られたときの演技を披露する場面もあり、会場を沸かせた。
ドラマの撮影についても触れ、長野さんは「信之とこうの離縁のシーンでは実は放送でカットされたせりふがある」と明かし、中島さんは「これから吉野太夫には驚きの展開が待っている」と語った。
会は女性限定で開かれ、県内外から約150人が参加した。参加した人たちは、真田の赤備えにちなんで赤色を取り入れた服装で楽しんでいた。

地図

地図を開く 近くのニュース