袋田の滝、愛のオシドリ 大子「恋人の聖地」

茨城新聞
2016年6月13日

大子町・袋田の滝が「恋人の聖地」に選定されたのに伴い、展望台にモニュメントが設置され、12日除幕式が行われた。関係者らはカップルなど新たな誘客に期待している。除幕式にちなみ、1組に台湾旅行が当たるイベントも実施され、カップルでにぎわった。

綿引久男町長は「袋田の滝は恋愛効果が期待できるパワースポットで、ロマンチックな恋人の聖地に選ばれた。新しい客層の集客を図りたい」とあいさつ。来賓らの祝辞後、関係者らが除幕、モニュメントが現れると、会場は大きな拍手に包まれた。

銅製のモニュメントは高さ、幅ともに約70センチ。同町の地域おこし協力隊の鍛金作家、友常みゆきさん(41)が制作した。高さ115センチの台座に、町の鳥「オシドリ」の2羽が向き合い、上部にハート、下部に無限のマークが現れるデザイン。友常さんは「2人の記念日、家族が増えたときなどに訪れてほしい」と話した。

カップル代表で式に参列した常陸大宮市の小田倉洋一さん(40)、晴美さん(42)夫妻は「柔らかい印象のすてきな作品。除幕に加わり、いい思い出になった」と話した。

台湾旅行が当たる抽選会では、町名産の「おやき」を50組の夫婦が割ると、地元の石川要吉さん(48)、輝恵さん(44)夫妻が当選し、「まさか、当たると思わなかった。旅行が楽しみ」と戸惑いながらも喜んでいた。

恋人の聖地は、プロポーズにふさわしい理想的な場所として、NPOの地域活性化支援センター(志垣恭平理事長)が実施。ファッションデザイナーの桂由美さんらが審査する。袋田の滝は水量により2段目にハート形ができることもある。笠間市の「陶芸の里かさま」に続き、県内2カ所目として昨年10月に認定された。

地図 →

この付近の観光ニュース →