校長先生もダンス♪ 「翠巒祭に来てね」 高崎高生が企画動画再生6000回超

上毛新聞
2016年6月4日

高崎高の生徒や教職員がぐんまちゃんダンスをしながら曲に合わせて踊る「ミンナノグンマ 高崎高校翠巒祭実行委員バージョン」の動画が話題を呼んでいる。動画は4、5の両日に開かれる文化祭「翠巒祭」を知ってもらうのが狙い。視聴回数は6000回を超えており、学校関係者は「予想以上の反響だ」と喜んでいる。
動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を使って高校生が文化祭への来場を呼び掛ける。動画は3分32秒で、4月中旬に公開された。ぐんまちゃんダンスのテーマ曲「ミンナノグンマ」に合わせ、佐藤功校長ら教職員27人と2~3年生の実行委員約120人が出演している。
実行委員の斉藤大樹さん(3年)や東崎大和さん(同)らが中心となり、昨年11月から県と協力するなどして企画、準備を進めてきた。
企画を発案した東崎さんは「初めての試みだったので調整などで苦労した。宣伝効果だけでなく、動画の制作を通じて実行委員同士の結束も深まった」と振り返った。
実行委員長の斉藤さんは「新たなことに挑戦し、未来につなげられるような文化祭にしたい」と話している。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース