北関東の食と観光で商談会 栃銀など3行、宇都宮

下野新聞
2016年5月25日

 北関東3県の企業や自治体に魅力発信の場を提供し、販路開拓や地域間交流を促す栃木銀行主催の「とちぎんビジネス交流商談会2016~食と観光の魅力再発見~」が24日、宇都宮市のマロニエプラザで開かれた。

 昨年に続き2回目で、栃銀が地域経済活性化の広域連携協定を結ぶ筑波(茨城県土浦市)、東和(前橋市)両銀行が共催した。

 昨年より15多い161団体が出展。人材育成を目的に、今回初めて高校生のブースが設けられ、県内7校が参加した。彩り鮮やかな高根沢焼ちゃんぽんをPRした高根沢高3年俵菜摘(たわらなつみ)さん(17)は「皆さんにおいしいと言ってもらえた」と、手応えを笑顔で話した。

地図

地図を開く 近くのニュース