G7会合に意気込み つくば観光大使 3新人が市表敬

茨城新聞
2015年9月8日

つくばの観光をPRする「第10代つくば観光大使」の7人が7日、つくば市を表敬訪問した。7人のうち4人は第9代からの継続で、あとの3人が8月17日に行われた審査会で選ばれた新大使。3人からは、来年5月に同市で開かれる先進7カ国(G7)科学技術大臣会合への意気込みなどが語られた。

新大使はかすみがうら市、ケーブルテレビACCSアナウンサー、田谷律子さん(30)▽ひたちなか市、主婦、清水まみ奈さん(40)▽つくば市、契約社員、武田佳子さん(20)。応募者30人の中から書類、面接を経て選ばれた。

留学経験のある清水さんは「語学力をG7で生かすことができる」と抱負を述べ、武田さんも「生まれ育った街の良さをPRできれば」と話した。田谷さんは「リポーターをしている。持ち前の『伝える力』を発揮したい」と元気に語った。

つくば観光大使はつくば観光コンベンション協会が募集し、任期は2年。筑波山梅まつり(2~3月)など、市内で行われるさまざまなイベントで活動するほか、県外で観光キャンペーンにも取り組む。

地図 →

この付近の観光ニュース →