涸沼にオオワシ

茨城新聞
2016年2月11日

 絶滅危惧種のオオワシが涸沼に飛来している。勇壮な姿を一目見ようと、水辺には多くの写真愛好家らが詰め掛けている。
 茨城町内の湖岸遊歩道では10日午前、約10人が見守る中でオオワシが出現。青空をバックに2メートル以上ある大きな翼を広げ、餌となる魚を探して悠然と滑空した。
 町みどり環境課によると、涸沼には1998年から同じオオワシが飛来しており、ラムサール条約に登録される条件にもなった。例年、3月中旬まで周辺にとどまり、シベリア方面に旅立つ。

地図

地図を開く 近くのニュース