氷像きらめく 東吾妻・薬師温泉

上毛新聞
2016年2月11日

氷彫刻を展示する「氷の祭典」が21日まで、東吾妻町本宿の旅館「かやぶきの郷(さと) 薬師温泉 旅籠(はたご)」で開かれている。日没後にはライトアップされ、宿泊客らが色鮮やかに浮かび上がる氷像を楽しんでいる=写真。
NPO法人日本氷彫刻会県支部の中野徳二さん(80)=渋川市石原=が制作した。今年のえとのサルをはじめ、縁起物の宝船や鳳凰、小判などを精巧に表現した作品約30点が並ぶ。
宿泊客は「クリスタルみたい」「とてもきれい」と光に照らされた氷像に見入っていた。期間中は雪でできた滑り台とかまくらも設置され、毎日午後2時ごろには、甘酒を振る舞うサービスも行われている。
入場料は大人500円、小学生以下300円。午前10時~午後7時(入場は同6時まで)。問い合わせは同旅館(☎0279・69・2422)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →