6メートルの超巨大ひな壇登場 真岡・浪漫ひな飾り始まる

下野新聞
2016年2月4日

 【真岡】絢爛(けんらん)豪華なひな壇やつり雛(びな)を一堂に集めた「第七章 真岡・浪漫ひな飾り」(市観光協会主催)が3日、田町の久保講堂をメーン会場に始まり、初日から大勢の見物客でにぎわった。3月3日まで。

 同イベントは、地域活性化を目的に2010年から始まり、市内の公共施設など15カ所でひな人形などを飾っている。久保講堂では市民から寄付されたひな壇40セットなどが展示されている。

 今回は、ステージ上に足場を組んで7段のセットを縦に三つ組み上げ、さらにステージの階段にもひな人形を並べた計26段、高さ約6メートルの“超巨大ひな壇”が初登場した。

 入場無料。午前10時~午後4時(最終日は3時)。2月の火曜は休館。(問)同協会0285・82・2012。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース