桐生が岡動物園の雌ライオン 愛称はライラ

上毛新聞
2016年2月7日

桐生が岡動物園(桐生市宮本町)は3日、募集していた雌ライオンの愛称を「ライラ」に決定したと発表した。応募総数は1407点で、約600点の候補から職員が選考した。
ライオンの「ライ」が含まれて 音の響きがかわいらしいこと、ライラという 愛称から連想されるライラックの花言葉に「無邪気」があり、やんちゃで好奇心旺盛な 性格に合うことが選考理由という。
命名した3人には、雌ライオンの愛称入りカードと同市のマスコットキャラクター「キノピー」グッズが贈られる。
雄ライオンの愛称は「動物の購入や動物舎の整備費に充ててほしい」と浄財を寄せた寄付者の希望で「チャコ」と決定している。同園は「子どもらしく、かわいいライオンを見ると楽しい気持ちになる。ぜひ来園して名前を呼んであげてほしい」としている。
同園では1月24日まで、園内に応募箱を設置して雌ライオンの愛称を募集。1日に結果を発表する予定だったが、応募が想定を超えて多数に上ったため、発表が遅れていた。

地図 →

この付近の観光ニュース →