全国のあんこう鍋集結 北茨城で31日、サミット

茨城新聞
2016年1月22日

 あんこうどぶ汁の発祥地・北茨城市で31日、全国あんこうサミットが開かれる。市漁業歴史資料館「よう・そろー」(同市関南町)敷地内に約40団体が出店し、山口県下関市や宮城県女川町など全国各地のあんこう鍋17種類が味わえるほか、北茨城市のあんこうラーメンや、あん肝ステーキなどが堪能できる。

あんこう料理のおいしさと魅力を全国に発信することを目的とした食の祭典で、全国から自慢のあんこう鍋や料理が集結。5枚つづりのチケットを1000円で購入し、女川あんこう鍋、いしるあんこう鍋、口福あんこう、水戸市泉町の老舗店・山翠のあんこう鍋など5種類の鍋が楽しめる。

鍋料理のほかにも、龍ケ崎市のコロッケ、神奈川県小田原市のあんこうカレー、福島県相馬市のあんこう唐揚げ、北茨城銘菓や野菜なども販売する。ステージでは、あんこうのつるし切り(午前11時半~)、よさこい(午後0時半~)、納豆・茨城応援ソング「ねばねば音頭」(午後1時45分~)が披露される。普通車約800台駐車可能。問い合わせは市商工観光課(電)0293(43)1111

地図

地図を開く 近くのニュース