涸沼にシジミ稚貝放流 茨城町・広浦小児童ら

茨城新聞
2015年11月18日

茨城町下石崎の涸沼で17日、町立広浦小1~4年の児童40人によるヤマトシジミの稚貝放流が行われた。大涸沼漁業協同組合(桜井宏昌組合長)が児童を招いて実施した。
子どもたちはシジミの生態などをクイズ形式で学んだ後、7月に人口採卵して生後4カ月となる1㍉から10㍉大に育った稚貝を同組合前の広浦の浜で放流した。同漁協は稚貝約1億1000万匹を用意し、児童のほか、漁業者が涸沼湖岸の漁場へ運んで放った。ヤマトシジミの稚貝を育てる事業は、県水産試験場内水面支場と同漁協が2001年から取り組んでいる。
子どもたちは「元気で育って」「大きくなってね」などと声を掛け、2年の清水大次郎君(8)は「初めての体験で難しいかなと思ったが、上手にできた」と話した。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース