県産食材ふんだんに 栗おこわ弁当発売 友部SA笠間PA

茨城新聞
2015年11月8日

ネクセリア東日本水戸支部は7日、笠間市産のクリなど県産品を使用した弁当「笠間栗(くり)おこわ弁当」を同市常磐道友部サービスエリア上下線と北関東道笠間パーキングエリアで発売した。

同弁当は、ドライブとともに手ごろな値段で地域の特産品が味わえる「どら(道楽)弁当」シリーズの新作で、旅行ジャーナリストの小林しのぶさんが監修している。

笠間産クリを使用した栗おこわに加え、「常陸牛の山椒(さんしょう)煮」、「つくば鶏と県産野菜の炊き合わせ」、「久慈川きゃらぶき」などおかずにも全て県産品を使っている。同支部は「まさに茨城づくしの弁当になった。本県のPRに貢献できれば」と話している。価格は980円。なくなり次第販売を終了する。

地図

地図を開く 近くのニュース