玉村の原風景 写真で 明治から平成まで186点

上毛新聞
2019年11月23日

 令和への改元を記念し、写真で玉村町の足跡をたどる特別展「玉村原風景写真館」が12月22日まで、町歴史資料館で開かれている。町に現存する明治から平成までの写真186点を紹介している。

 60年に一度行われていたという「玉村八幡宮(はちまんぐう)開扉大祭典」の様子(1917年)や、利根川に架かる「福島橋」の完成祝賀会(26年)、旧日光例幣使道(れいへいしどう)で日中戦争に出兵する兵士の歓送風景(37年)など、町の象徴的な出来事や生活を写真で垣間見ることができる。

 午前10時~午後4時。月曜と23日は休館。展示写真などを解説する「玉村町古写真集」(A4判、74ページ)を無料配布している。問い合わせは同館(☎0270-30-6180)へ。

「風景風景」でほかの記事を検索