秋色染まる赤城

上毛新聞
2019年10月26日

 赤城山の木々が赤や黄に染まり、観光客らが秋の彩りを楽しんでいる。青空の広がった23日、小沼では家族連れや小学生の団体が、水面に映った紅葉に見入っていた=写真

 赤城山観光連盟によると、例年よりも1週間ほど遅く見頃を迎えた。黒檜山や地蔵岳の山頂、大沼のボートから見る紅葉も趣があるという。

 赤城山では標高の低い場所も徐々に色づき始めており、11月中旬ごろまで紅葉が楽しめそう。

「赤城」でほかの記事を検索 「紅葉」でほかの記事を検索