尾島ねぷたまつり 気分高まる 14、15日開催

上毛新聞
2018年8月12日

第33回尾島ねぷたまつりが14、15の両日、 太田市の尾島商店街大通り(旧国道354号) で開かれ、計19台のねぷたが出陣する。市内ではねぷたにちなんだ展示などが相次いで催され、まつりムードが高まっている。

市尾島図書館ではガラス張りの建物南面を生かし、切り絵を展示している。描かれているのは、ねぷたの武者絵を思い起こさせる勇壮な図柄やボタンの花。職員が仕事の合間に1カ月かけて準備した。高橋若葉館長は「館内で涼みながら、本と一緒に楽しんでほしい」と話す。

会場となる大通りでは7月末、街灯82基にねぷた仕様の看板が据え付けられた。関連団体が初出陣するイオンモール太田も、ねぷた1台を展示。会場近くの保管庫には準備が整ったねぷたが並び、出陣を待っている。

当日のねぷたの合奏や運行は午後6時ごろから。問い合わせは市商業観光課(☎0276・47・1833)、当日はまつり本部(☎0276・52・6440)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース