奥日光に花の季節到来 ズミなど遊歩道彩る

下野新聞
2018年5月31日

 春本番となった奥日光でズミやクリンソウ、ワタスゲなどが一斉に見頃を迎えている。

 曇り空となった30日、戦場ケ原の木道では、ズミが3センチほどの白い花を枝いっぱいに咲かせ、“花のトンネル”を作り上げた。一方、中禅寺湖西岸の千手堂付近では、クリンソウが赤やピンクなど愛らしい花を咲かせ、ハイカーらを迎えていた。

 東京都新宿区から訪れた主婦斉藤千恵子(さいとうちえこ)さん(70)は「10年前から毎年来ているが、こんなにズミが咲いているのは初めて。鳥のさえずりと一緒に花が楽しめます」と話していた。

 奥日光では今後、レンゲツツジやホザキシモツケ、ノアザミなどが次々と咲き、湿原に彩りを添えていく。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース