新緑にボタン 宝徳寺 桐生

上毛新聞
2018年4月28日

桐生市川内町の宝徳寺(金子英宗住職)で500株のボタンが見頃を迎えた。赤や紫、ピンクの色鮮やかな大輪が鳴神山の緑と調和し、美しい空間をつくっている。5月上旬ごろまで楽しめそう。
同寺は4月28日~5月6日、春の恒例行事「ぼたん祭り」を開く。本堂の床に緑色のモミジが映る「新緑の床もみじ」も初公開する。金子住職がこいのぼりを描いた限定御朱印を千円で販売、コーヒーや軽食を楽しめる。
午前9時~午後4時。境内の拝観無料、本堂での「床もみじ」見学は100円。問い合わせは同寺(☎0277・65・9165)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース