製糸場ライトアップ 富岡

上毛新聞
2018年3月26日

世界文化遺産、富岡製糸場で「春のライトアップ」が始まるのを前に、報道機関向けの内覧会が23日夜、製糸場で開かれた=写真。東置繭所がLED(発光ダイオード)照明で彩られた。
温かみのある電球色と涼しげな白が基本の色。季節に合わせて桜色や緑、青と白、オレンジや黄金色も投影される。
これまでのライトアップは東置繭所の東面が中心だったが、今後は西面の一部や女工館、「ブリュナ館」なども光で演出する。
「春のライトアップ」は第1弾が24日~4月8日、第2弾が4月28日~5月6日。開場は午後6~8時で、見学料は大人500円。ブリュナ館では有料でコーヒーを味わえる。

地図

地図を開く 近くのニュース