【寄り道したら】和菓子の店 星志野 国産素材こだわる

上毛新聞
2018年3月14日

店主の星野孝幸さん(34)は曽祖父の代から和菓子職人。28年前、父の博孝さん(61)が現在地に店を構えた。「志を持って和菓子作りをしたい」との思いを店名に込めている。子どもからお年寄りまで人気のどら焼き「上州焼」(税別150円)をはじめ、全て国産の材料にこだわった商品をそろえる=写真。
「わらじパイ」(同150円)は、かつて宿場町だった倉賀野にわらじを履き替える場所があったことにちなむという。
4月半ばまで並ぶ「いちご大福」(同280円)は、中に入ったコンデンスミルクとこしあんがイチゴの甘酸っぱさを引き立てる。孝幸さんは「定番を大事に新商品にも挑戦したい」と話す。
火・水曜定休。午前10時~午後6時。問い合わせは同店(☎027・346・6231)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース