渡良瀬遊水地の拠点 魅力発信 ハートランド城 、4月オープン

下野新聞
2018年3月10日

 【栃木】市が藤岡町藤岡の旧市藤岡スポーツふれあいセンターを改修、整備している「市渡良瀬遊水地ハートランド城」が、4月1日にオープンする。遊水地の自然や歴史などを発信しビジターセンターとしての機能を有するほか、ヨシ細工などの体験活動ができるスペースを設置。7、8日にオープニングイベントを開催する。

 市が9日の定例記者会見で明らかにした。

 市は谷中湖がハート形であるのにちなみ、遊水地の市区域を動植物たちが楽しく暮らす仮想の国「ハートランド」と設定。2014年度に策定した基本計画で、遊水地のシンボルとなり、遊水地に関する案内や学習などの機能を持つビジターセンター的施設の整備を掲げていた。

 市は同ふれあいセンターが遊水地の“北の玄関口”にありながら有効活用されていない現状を踏まえ、同所での整備を決定。昨年10月に着工し、内装の改修などを行ってきた。

 施設は3階建てで、延べ床面積740平方メートル。1階は遊水地の案内のほか、さまざまな体験活動が行えるスペース、2階は来訪者に遊水地の魅力を紹介するガイドクラブの研修や、自然の写真など各種展示を行うスペースを設けた。3階は遊水地を一望できる展望室となっている。

 7、8日午前10時~午後3時は、オープンを記念したイベントを開催。ミニよしず作り体験やレジャースポーツの展示、遊水地のミニガイドツアーなどを実施する。

 市遊水地課は「ここに来れば遊水地の全てが分かる、という施設にしたい」としている。

(問)同課0282・62・0919。

地図

地図を開く 近くのニュース