タコの電飾も点灯 ひたちなか・勝田駅前

茨城新聞
2017年12月9日

ひたちなか市のJR勝田駅東口の広場でイルミネーション点灯が始まった。魚食の普及に取り組み、タコ加工量日本一の同市らしく、タコのイルミネーションもお目見えした。来年1月8日まで。

ひたちなか商工会議所が主催。東口ロータリーから「憩いの広場」にかけて約3万5千個の電球が使用されている。ひたちなかの海と空をイメージし、青を基調にしたイルミネーションになっている。中でも目を引くのが真っ赤なタコ。同市は昨年に魚食普及推進条例を制定。さらにタコ加工量日本一でもあり、魚食の消費量アップに力を入れていることにちなんだ。

同商議所の担当者は「駅を利用して帰宅する人の癒やしになればいい」と話す。点灯時間は午後4時半~午前1時。また、同商議所は市内のJR佐和駅、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅でもイルミネーション点灯を実施している。

地図

地図を開く 近くのニュース