1週間前倒し、200人初滑り ハンターマウンテン塩原オープン

下野新聞
2017年11月24日

 今週、山間部などが冷え込んだ県内では、那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」が23日、12月2日の開業予定を1週間以上前倒ししてオープンした。

 県内のスキー場では最速のオープンとなり、新雪を待ちわびたスノーボーダーら約200人が初滑りを楽しんだ。

 同スキー場によると、現在はスキー場山麓部の初級者コース「ブロードウェイ」などで滑走が可能。今年は人工降雪を始めた16日から22日にかけて寒波による降雪もあったほか、新たに導入した自動式の人工降雪機も順調に稼働し、安定した積雪を確保した。

 千葉県松戸市から訪れた会社員志田光貴(しだこうき)さん(29)は「雪の状態やコースの広さがよく、最高だった。他のコースがオープンしたらまた来たい」と満喫した様子だった。

「ハンターマウンテン塩原」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース