土佐楓 光の装い  大田原・御殿山公園

下野新聞
2017年11月12日

 大田原市佐久山の御殿山公園で、赤や黄色に色づいた約80本の「土佐楓(とさかえで)」がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれている。

 ライトアップは「佐久山御殿山紅葉まつり」の一環。土佐楓は、江戸中期に四国・土佐藩主の子弟山内資敬(やまうちすけたか)が佐久山城主の福原家に養子として迎えられた際、持参したと伝えられている。

 11日は家族連れやカップルが暗闇に浮かび上がった紅葉を楽しんでいた。那須塩原市青木、会社員穂積勇人(ほづみはやと)さん(36)は「ライトアップされた紅葉はとてもきれい。また来たいですね」と熱心に写真を撮っていた。

 佐久山地区活性化協議会によると、紅葉は20日ごろまで楽しめ、点灯は25日(午後5~9時)まで。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース