山肌一面広がる錦絵 那須岳

下野新聞
2017年10月1日

 秋も本番となり、那須連山では紅葉が見頃を迎え、大勢の登山客でにぎわっている。

 那須岳(茶臼岳)周辺では30日、山の斜面にウルシやカエデ、ナナカマド、ドウダンなどの木々が赤や黄色などに鮮やかに色づいた。この日、付近は絶好の秋日和。山肌一面に広がった紅葉に訪れた人は立ち止まり、写真を撮るなど歓声を上げる姿も見られた。

 那須ロープウェイ関係者によると「例年になく葉の色づきが良く見応えがある。紅葉は10月上旬まで楽しめるのでは」と話していた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース